スマホ・タブレットのことならここに相談してみよう!

【在住者必見!】タイでTrue Moveのプリペイド式シムカードの購入をしてスマホを使う方法

【在住者必見!】タイでTrue Moveのプリペイド式シムカードの購入をしてスマホを使う方法

タイ在住者向けの記事です。30日以上滞在される方は必見です。TrueMove H(トゥルームーブH、略称トゥルー)のプリペイドシムカードについて。

タイでは日本と違い、キャリアで携帯とプランの契約するのではなく、キャリアでシムカードと利用したいプランを契約するという形になります(キャリアでスマホを購入することも可能)

タイでTrueのシムカードを購入してスマホで快適な通話とインターネットができるまでの手順を説明します。

タイ在住者の方で労働許可証をお持ちの方がTrueMove Hシムカードを利用する場合は
タイでTrue Moveのポストペイド式シムカードの契約をしてスマホを使う方法
をお読みください。

シムフリーのスマホを入手する

TrueMove Hのシムカードを利用するためには、シムロックが解除されているスマホが必要になります。タイでスマホを購入する場合、95%のスマホはシムロック解除されていますが、中には周波数が限定されているものやシムロックされているものもあります(特に格安スマホは要確認)ので、TrueMove Hショップ以外で購入される場合はショップの定員さんにTrueMove Hのシムカードに対応しているかどうか必ず確認しましょう。

タイでスマホを購入する方法

バンコクでスマホを購入する場所として最も有名なところはMBK(マーブンクロンセンター)になります。種類が豊富でスマホやタブレットに特化したショップや中古携帯専門店や携帯修理に特化したショップなどがたくさんあります。日本では販売されていない機種など、いろんな機種を見てから購入したい方にお勧めです。

マーブンクロンセンター(MBK)マーブンクロンセンター(MBK)内の携帯ショップtrueショップtrueショップ

とにかくすぐに購入して使いたいという方は最寄りのショッピングセンターに入居しているTrueショップに行くとTrueMove Hのシムカードの契約とスマホの購入をすることができます。
タイでの購入金額の目安としてタイのネットショップ最大手のLAZADAを参考にご覧ください。

日本でシムフリースマホを購入する方法

現在、日本で使用しているスマホがシムロック解除対象外もしくは購入して181日/6か月以上経過していないのでキャリアでロック解除できない場合は、新しいシムロック解除済みのスマホを購入するという方法があります。アマゾンや楽天、検索で「シムフリー スマホ」などで検索されますと購入することが可能です。ただしこの場合割高なケースが多いです。タイで新生活をされる方は新しいスマホの購入はタイで購入された方が割安になります。

使用中のスマホをシムロック解除する

現在、日本で使用してるスマホのシムロック解除できるかどうかの確認をしてみましょう。2015年5月を目安にそれ以降に発売されたものは比較的シムロック解除されやすくなっています。

iPhoneやXperiaなど海外展開しているメジャーなスマホであれば問題ありませんが、日本国内でしか販売されいていない機種については各キャリアで確認する必要があります。

では、日本の各キャリアごとのシムロック解除の対応を確認しましょう

ドコモユーザーの方

普段利利用されているスマホをそのままタイで使うことができます。
ドコモの以下のページにシムロック解除についての案内がありますのでご確認ください。
SIMロック解除の手続き

2015年5月以降に購入された機種は購入されてから6ヵ月以上使用されていないといけないという条件がありますので注意しましょう。
2011年4月~2015年4月までに購入された機種はロック解除はできますが、ドコモショップに依頼する必要があります。いずれもシムロック解除手数料として3000円かかります。

auユーザーの方

TrueMove HはLTEのバンドが1、3GのバンドがⅠになります。こちらに対応している機種でシムロック解除対象機種であれば問題がないでしょう。しかし快適に使うためには3Gのバンド VI / XIX に対応してるのが好ましいですが、iPhone6,iPhone6Plus以上であれば問題ありません。

auの以下のページにシムロック解除についての案内がありますのでご確認ください。
SIMロック解除が可能なau携帯電話などの実装周波数帯一覧

シムロック解除可否判定をIMEIもしくはMEID検索でも可能です。
SIMロック解除の可否判定

2015年5月以降の機種が対象となり、購入日から181日以上利用している必要があります。
最寄りのauショップで手続きが可能。シムロック解除手数料として3000円(税抜)、来店者の本人確認書類が必要となります。

ソフトバンクユーザーの方

TrueMove HはLTEのバンドが1、3GのバンドがⅠになります。こちらに対応している機種でシムロック解除対象機種であれば問題がないでしょう。しかし快適に使うためには3Gのバンド VI / XIX に対応してるのが好ましいですが、iPhone6,iPhone6Plus以上であれば問題ありません。
シムロック解除対象機種かどうかを確認しましょう。

ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する / SIMロック解除

2015年5月以降の機種が対象となり、購入日から181日以上利用している必要があります。
シムロック解除手数料として3000円かかります。(My Softbankではロック解除が無料)
My SoftBankとは?

Trueのシムカードの購入する

TrueMove Hのシムカードは大きく分けて二種類あります。

タイ人・在住者向けのシムカード

一般的にはプリペイド式シムカードと呼ばれています。月極め契約の後払いになります。外国人の個人契約の場合には本人のパスポートと労働許可証(ワークパーミット)が必須になります。

長期滞在者・旅行者向けのシムカード

一般的にはプリペイド式シムカードと呼ばれています。1日、7日、15日、30日、前払い式の月極めプランなど、通常、観光客や労働ビザのない長期滞在者が利用しています。外国人が購入するには本人確認のためのパスポートの提示が必要になります。

では購入手順を説明します。

Trueのプリペイドシムカードを購入する場所

以下がTrueMove Hのプリペイド式シムカードの購入できる場所になります。

ショッピングモール内

日本人が居住するところから近いモールになると、エムクオーティエ、エンポリアム、ターミナル21、BigCエカマエ、セントラルワールド、セントラルチットロムなど。

一般的にロータスやビッグシーなどのスーパーマーケット、セントラルデパート、ザモールなどの大手ショッピングセンターには必ずと言っていいほど以下のショップが入居しています。

●trueショップ

trueショップtrueショップ

●携帯や携帯アクセサリーなどを販売しているショップ

コンビニ

セブンイレブン

TrueMove Hのプリペイドシムカードを購入する

シムカードの購入をする際にショップで提供される電話番号の中で自分の好きな電話番号を選ぶことができます。
では契約するときの手続きを確認していきましょう

● 身分証を提示(日本人の場合はパスポート)
● シムカードのプランをを選択する
● 電話番号を選択する
● 料金を支払う

シムカードは3in1タイプになっており、通常のシムカード、マイクロシム、ナノシムとすべてのシムタイプに対応しています。
プリペイド式のシムカードは利用した分だけ課金されるシステムですが、truemoveHではプリペイドカード式のシムカードのプランだけで現在16種類あります。

truemoveHのプリペイドシムカードの種類

プリペイドシムカードの契約プランを選択

30日以上の長期滞在者に適したプラン

まずは毎月更新が可能な在住者向けに適したプリペイド式シムカードのプランを紹介します。
こちらのタイプは契約プラン料金以外にシムカード購入代金として50バーツかかります。

在住者に適した通話+ネットプランiSmart Package

パック名通話WIFIインターネット
299バーツ100分無制限500MB 3G
399バーツ150分無制限750MB 3G
499バーツ300分無制限1GB 3G
599バーツ300分無制限1.5GB 3G
699バーツ400分無制限2GB 3G
899バーツ500/分無制限3GB 3G

3Gの回線速度は最大42Mbpsになります。
299~699はネットの制限を超えると速度が128Kbpsになります。
899はネットの制限を超えると速度が384Kbpsになります。
wifiを利用したい場合は *871*4# をダイアルしてください。SMSでパスワードが届きます。

共有プラン

複数の番号で共有できるプランです。ご家族やカップルにおすすめです。

インターネットプラン

インターネットのみのプランです。タブレットや通話をライン等でしかされない方におすすめです。

通話プラン

電話での通話のみでしか使わない方向けのプランです

プリペイド式シムカードの場合、契約が完了しますとすぐに利用が可能になります。

支払い方法について

契約した日から1か月後にSMSで利用内容の詳細と金額が送られてきます。登録していればメールでも詳細が届きます。
実際に支払うときはVAT(付加価値税)の7%を追加で支払う必要がありますが、届いた明細書・請求書に税込みの金額が記載されています。

在住者に適した通話+ネットプランiSmart Package

パック名支払う金額申し込み方法
299バーツ320バーツ*900*1229*#
399バーツ427バーツ*900*1239*#
499バーツ534バーツ*900*1249*#
599バーツ641バーツ*900*1259*#
699バーツ748バーツ*900*1269*#
899バーツ962バーツ*900*1289*#

支払いが可能場所

Trueショップではもちろん、コンビニや銀行振り込みも可能です。

Trueショップ

タイ在住者の方がよく利用するショッピングモールになると、サイアムパラゴン、セントラルワールド、セントラルチットロム、セントラルエンバッシー、エムクオーティエ、エンポリアム、ターミナル21などになりますが、どちらかのショップが入居しているケースが大半です。カウンターで電話番号を伝えてると、番号が正しいか登録されている名前を確認されます。正しければ支払いを行います。入金が完了したらSMSが届きます。
●trueショップ

trueショップtrueショップ

コンビニ、その他ショップ

テスコロータス(Lotus)
セブンイレブン

トップアップ自動支払機

コンビニや露店の外に以下のようなトップアップ用の機械が設置されている店もあります。
支払い機にTrueMove Hのロゴ、メーカーの名前SINGER、Feel Top、Boontermと記載されているか確認してから電話番号を入力して画面に従って支払いをしましょう。

trueトップアップ自動支払機

trueショップ、BTSやMRT駅構口内外などにも併設されてます。画面に従って、TOPUPを選択し、課金したい金額を入力し、指示に従って入金してください。入金が完了したらSMSが届きます。

インターネット

インターネット上からもオンラインで支払うことが可能です。クレジット、デビットカードにも対応しています。
iService下の画像をタップ、クリックするとオンライントップアップに飛びます。初めて利用する方は登録が必要になります。すでにTrueと契約されている方は電話番号を入力して送信ボタンを押すとOTPがSMSが届きますので、記載されいてる番号を入力して登録を完了させてましょう。

アプリ

TrueMove Hの支払いができるアプリ。
アンドロイド
iOS、iPhone

銀行振り込み

タイの銀行口座をお持ちの場合は、ネットバンクやATMを通じで支払いすることが可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
 スマホ・タブレットのことならここに相談してみよう!
  • ベリーモバイル  TEL:02-260-7028

    日本語でお申し込み手続きからアフターフォローまで全て対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。タイで携帯電話のことなら、ベリーモバイルで。
  • Yourmobile  TEL:090-678-3301(日本人直通)

    会員数が増えれば増えるほど安くなる仕組みを構築中!タイで唯一「iPhone 端末無料パッケージ」を一般向けに提供され、タイでの最安値に挑戦中!

ページ上部へ戻る